【ハウスクリーニング】自分でできる簡単換気扇の油汚れ落とし方法

 

みなさま、こんには。西船橋にあります建物のプロ「アール・ワイカンパニー」ブログ担当の鈴木です。

さて今回は、換気扇の油汚れ落としの方法についての紹介です。重曹やアルカリ洗剤を使って誰でも簡単に落とせるやり方ですので、ぜひ、チャレンジしてください。

間違った換気扇掃除

まず初めに、換気扇掃除をする時に間違えた方法をされている方がいますので、そちらからご紹介します。

間違えた方法とは、「準備ができていない」ということです。勉強でもお料理でも「準備がすべて」と言われる通り、おそうじも準備が重要です。

掃除の場合は、この2つが準備になります。

①場所を作る
②掃除用品をそろえる

①場所を作る
換気扇を掃除をするのでしたら、まずは、汚れがかかる可能性のある部分を空にします。調味料や調理器具が置いてあれば、どかしましょう。

洗面所や浴室にも共通しますが掃除をする時は、一度、中のモノをすべて取り出すとスムーズです。空にしてから、お掃除をしましょう。

また、せっかくモノを取り出しので、整理しましょう。使っていないものは処分して、常に「今」使っているものだけを置くようにすると、ルーチンワークの効率がグンとあがります。

②掃除用品をそろえる
次に、掃除用品を準備しておきましょう。洗剤、スポンジ、ダスター、仕上げ用のからぶき、ぞうきんを絞るためバケツなどです。

手袋をはずして物を取りに行くという動作は、時間のロスです。ゴーグルや脚立なども必要に応じて準備しておくといいでしょう。

「よし、そうじしよう!」といきなり洗剤を吹きかけてしまう方がいますが、こうすると、大惨事になります。油汚れが落ちて、その落ちた汚れが汚れになる、みたいなイメージです。

結果的に、「換気扇掃除は、大変」へつながってしまいます。

小物が多すぎて移動させるのが大変でしたら、「マスカー」と呼ばれるビニールシートと養生テープが一体になっているもので覆うと楽々です。

ということでまずは、「おそうじの前には、しっかり準備をしましょう」というお話でした。

つづいて、換気扇の準備へ続きます。

換気扇はできるだけ分解する

賃貸住宅の換気扇は、新しい家になればなるほど、取り外しが簡単になっています。そのため、ご自身で取り外せるようでしたら、フィルター以外の内部など、外せるだけ外すことが望ましいです。

なぜなら、外してしまえば、広い所でつけおきすればいいからです。

反対に取り外せないと、手と顔を上にあげたままずっと作業をすることになりますし、液体が顔にボタっとたれてしまいますので、そういう方は、プロにお任せするのがおススメです。

さらに言うと、「外せるけれど元に戻す自信がない」という方も、やめておいた方が安全でしょう。元に戻せない、部品をなくすなどすると、最悪換気扇交換になり、えらい高額な支払いをするという危険も潜んでいるからです。

ということで、できる方は、自分で取り外し、できない方はそのまま掃除するか大掃除の時だけ、プロに頼む、というのがおススメです。

換気扇掃除はアルカリ洗剤で

 

ここまで来たら、あとは、掃除するだけです。洗剤は、アルカリ洗剤を使います。おそうじの基本である、

1.上から下
2.奥から手前

の順番で進めましょう。

また、換気扇に洗剤を吹きかけるよりは、スポンジやタオルに洗剤をかけてから掃除する方がムラができずらいのと洗剤の無駄遣いがなくていいと思います。細かな分はケガに気を付けながらススメましょう。

日頃、お料理の際に前回お話しておいた5分掃除をしておくと、とても楽です。

とはいえ、あまりに汚れすぎている方は、落とすことは難しいので、プロに依頼することをおススメします。スピーディーにピカピカに仕上げてくれます。

食は、健康の源ですので、換気扇をキレイにキープして、末永い健康生活を手にしましょう!

関連記事

  1. 中国
PAGE TOP